お互いのために選ぶ介護付き有料老人ホーム|質の高い介護

介護士と男性

回線によるコスト

車イスの男性

今ではISDN回線ではなくインターネット回線の利用が一般的になっています。なぜISDN回線の使用が今では一般的になっていないのかの理由や背景を見て把握していきます。

Read More

回線の実態と今後

シニア女性

介護の請求に使用する介護伝送ソフトはセキュリティの観点からISDN回線という独自の回線を使って行なわれていました。しかし今日ではインターネットを利用した回線の利用も可能となったため徐々に使われなくなってきています。

Read More

介護のストレスから開放

食事

介護度の上がっていく親の介護

なるべくなら高齢になった親を自宅にとどめておきたいという気持ちを持っていることでしょう。 しかし介護度が上がるにつれて、家族でできる介護には限度ができてくることがあります。 身の回りの介護の身でなく、医療面の不安も年齢とともにいっそう付きまとうようになってくるわけですから、家族にとって介護を続けることはストレスとの戦いともなります。 家族でできる介護にはどうしても限界があります。 無理を重ねることは本人にとっても幸せでない場合もあります。 むしろ介護の専門性の高い環境で暮らすほうが本人も安心できることもあります。 介護を受ける本人やその家族の双方のためにも介護付き有料老人ホームを利用することを検討したいものです。

家族介護の限界と有料老人ホームへの入所

どうしても家族で熱心に介護をされている場合ほど、有料老人ホームの利用を後ろめたく感じることがあります。 自分の家族を手放して有料老人ホームに預けてしまうわけですから、気持のどこかに後ろめたさができるのも理解できます。 しかし自宅でそのまま介護を続けても必ずしも質の高い介護ができたとは限りません。 また介護をする側が体調を崩してしまうことも起こっていたかもしれません。 むしろ有料老人ホームのほうが介護の専門の環境ですし、生活をする環境としても整えられているので、落ち着いた暮らしをすることができます。 介護付き有料老人ホームなら医療面のチェックも常に受けることができるので、健康な状態で楽しみながら暮らし続けることができます。

エプロンの選び方

お年寄りの男性と介護士

介護現場の必須アイテムとして活躍しているのがエプロンです。エプロンは介護の様々なシーンで重宝されていますが、上手く利用する為にもエプロン選びからしっかりと行う必要があります。

Read More